雪下ろしの時も安心なスノーメルトフェンス

2015年も始まりました

おかげ様をもちまして昨年は大変多くの業者様、一般の方々にHPを通じてお問い合わせいただきまして誠にありがとうございました。

今年もよろしくどうぞお願い申し上げます。

12月にまさかの大雪、雪国は当然大雪の毎日、雪国でないところでも思わぬ積雪があり、雪害にお困りになっている地域がたくさんあると思います。

屋根の雪下ろしでも落下事故等での死亡・怪我等の事故は今年も少なくありません。

事故ににあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

屋根の雪下ろしは、常に危険が伴います。

image002スノーメルトフェンスを設置すれば、足場が安定するため、雪下ろしをこまめにされる方々でも安心です。

雪下ろしの際は、万全を期してから下ろしていただければと思います。

飛騨でも屋根の上に1.5m近くはあろうかという積雪がありました。

飛騨は昼と夜の寒暖の差が激しいため、そのままにして置くと強烈なつららがあっという間にできてしまいますので、落下の危険性や雨樋が破損する原因でもあります。

image003

 スノーメルトフェンスを設置すれば、つららが出来る前の雪の柱となる雪疵を防ぐことができます。

image005

今年も皆様の雪害の悩み解消にむけての手助けになれば幸いです。

不明な点があればお気軽に弊社までお問い合わせください。

太陽光パネルとスノーメルトフェンスの同時設置例

太陽光発電を設置したついでに、落雪防止でスノーメルトフェンスを設置した例です。

sekou201404_01

飛騨は豪雪なので、5列のパネルの落雪は相当な量になります。
二段目の雪止めの上に後付の雪止め金具を設置して雪止めへの負荷を軽減します。 同様に軒先のスノーメルトフェンスへの負荷を軽減するため上部に後付けの雪止め金具を設置しました。

太陽光を設置する際は、このくらい軒先から離れていると安心ですが、立地条件で無理な場合でも、せめて、軒先から1.8mは離して欲しいですね。

sekou201404_02

上の写真は、飛騨の匠が造った素晴らしい和風のお宅です。
スノーメルトフェンスは、その素晴らしい景観を汚さないようなスッキリしたデザインです。

sekou201404_03

写真の後付けの雪止め金具は ガルバニウム鋼板の横葺き屋根に最適!

■羽根付き スノーストップAT-W 材質:ドブメッキ  

スノーメルトフェンスを留めてある雪止め金具は

■YA-1 高山型アングル止AT式 材質:ドブメッキ

このように弊社では、豊富なラインナップで雪止め金具も販売しています。 スノーメルトフェンスと一緒に購入すれば、値引き対象となりお得になります。

*建築板金・屋根工事店様は別途お問い合わせください。

太陽光発電パネルからの落雪防止について

このたびの関東・甲信越地方におけます、思わぬ豪雪で被害にあわれた方々に

対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

当社にも住宅に関して、屋根の雪が隣家に落ちてしまったとか、

車庫を破損したので困っているのでどうしたら良いかなどの問い合わせが、

ここ最近非常に多くなってきております。

スノーメルトフェンスは屋根の軒先によるつららや雪庇を防ぎ、落雪防止に繋げる

商品でございます。

しかし、自然の猛威は恐ろしいもので、立地条件や屋根の形状などで

スノーメルトフェンスでも落雪を防ぐことはできないこともあります。

普段、雪がほとんど降らない地域でも、昨今の異常気象で今回のような豪雪に

なることもあります。来年も絶対にないとは言えません。

ですので、当社としてユーザー様にお願いしたい事は、予備知識を持って

頂きたいと云う事です。

もうすでに、被害にあっている方には遅いと言われるかもしれませんが、

これから家を建てる方や屋根をリフォームされる方には、ぜひ知って頂きたいのが、

雪が落ちたらどうなるのかというシミュレーションをして頂きたいのです。

それにより、事前に防ぐこともできますし、予防策がしっかりしていれば、

当然スノーメルトフェンスを後で設置した場合に太陽光からの落雪を

防ぐことができます。 

業者に任せているので大丈夫というだけでは、後悔することになるかもしれません。

しっかりとそれを理解していただいたうえで、当社の提案として、

下記の事項があります。 ぜひ、ご検討頂ければ幸いに思います。

  • 太陽光パネル設置屋根での スノーメルトフェンスの有効活用
  1.  小雪地域で太陽光パネル設置をご検討の方は、雪が落ちる先に建造物
    もしくは隣の家に落ちる可能性がある場合は、軒先いっぱいまで
    太陽光パネルを設置しない。
  2. 太陽光パネルとスノーメルトフェンスを併設する場合は、
    軒先2m以上パネルを屋根の上に付ける。
    そのうえで下記のようにスノーメルトフェンスを設置する。

↓画像はクリックで拡大します↓

image001

*あくまで参考ですので、立地条件、屋根勾配・形状を勘案して頂き
  シュミレーションしてください。

 

 

 

 

スノーメルトフェンス・ガルバリウム波板・高耐久金属屋根材専門店 新築・住宅リフォームに最適な金属屋根を提供します。